北京のパンダたち

北京で留学する3人のパンダたちが、日々見て感じた中国をお伝えします!🐼🇨🇳

一年半ぶりの北京と中国の戸籍のお話

ブログがあまりにも久しぶりすぎて、どうやって書いていたのかを忘れそうな勢いですが、頑張って書きます!笑
 
おひさしぶりです、あきパンダです🐼
 
3月の卒業を目前に控えて、卒業旅行も兼ねて北京に遊びに行ってきました。
北京は留学から帰国した以来なのでなんと一年半ぶり(!)
 

f:id:beida_panda2016:20190305230042j:plain

いつ来ても綺麗な未名湖@北京大学
今回の旅の目的は、北京の人に会うこと。
自由時間は丸二日間と短かったのですが、頑張っていろんな人に会ってきました!
 
まず、一年半ぶりに北京に降り立った時の気持ちとしてはですね。
北京を訪れた経験のある方ならお分かりだと思うのですが、
空港から中心地までの道のりがすごく長いじゃないですか。
 
その只々真っ直ぐな何もない道を、車からぼんやりと見てると
 
留学中に日本や他の都市から北京に帰ってくるたび、
「北京に戻るとなんだか安心するなー、、、」と思っていた当時の感情が蘇ってきて。この感覚を久しぶりに味わえただけですでに胸がいっぱい!笑
 
今回会ったのは、
中国人の元ルームメート(こちらの記事にも登場してます)、翻訳家・作家として活躍している元ランゲージパートナー、北京大学の友達、そして今北京大学で留学している大学の後輩たち。
 

f:id:beida_panda2016:20190305230016j:plain

大好きな元ルームメートと♡
 
みんなの顔を見たら、一年半という期間が空いたとは思えないくらい、自然な時間を過ごすことができて。すごく嬉しかったです。
けど振り返ると、お互い一年半の間にいろんなことがあったねって。
 
私は3月に卒業、就職も決まり4月から働くことになりました。
元ルームメートは、大学院を卒業後教育系の会社で働いています。
元ランゲージパートナーは、新しい本を出版して。娘さんも大きくなってて。
当時一年生だった友達はもう三年生で、進路を考え始めてて。
四年生だった友達は、大学院で勉強に励んでました。
留学頑張って!と言った後輩は、がむしゃらに色んな事に挑戦してて。
 

f:id:beida_panda2016:20190305230034j:plain

北京大の友人たち☺︎
 
変わっていないようで、少しずつ前に進んでる。
場所は違えど、一緒に頑張ろうね!そんな会話ができて、元気を貰えました。
 
北京は思い出が詰まった、元気をくれる街!
またしばらく経ったら、みんなに会いに行きたいな。
 

f:id:beida_panda2016:20190305230024j:plain

いつも授業を受けていたビル
 
と、私の思い出話ばかりになってしまったので、
今回の旅で聞いた興味深い話をシェアします。
 
というのも、中国の戸籍のお話です。
 
中国も日本同様、戸籍制度がありますが、異なる点は「農村戸籍」と「都市戸籍」に分かれていることです。
 
都市部に人口が集中するのを避けるため、というのがこの制度の最大の目的です。
都市部に出稼ぎとして移住することや、都市部の大学に進学できても、さまざまな条件をクリアしないと「農村戸籍」から「都市戸籍」に変更することはできないし、「農村戸籍」のままだと社会保障を受けることができない等、多くの厳しい現実が待っています。
中でも、北京や上海といった大都市の戸籍を取得するのは本当に困難なことです。
 
なんでこの話をするかというと、偶然ですが、今回会った元ルームメートと元ランゲージパートナーの二人と戸籍の話になったからです。
二人の出身や立場が異なるので、違う視点から戸籍の話を聞いて面白かったです。
 
元ルームメート
彼女は青島の出身です。北京大で金融を専攻していたのに、それとは無関係な教育系の中小企業に勤務しているので、疑問に思っていました。
 
彼女にその訳を聞くと、「今の会社なら、一年働くだけで北京戸籍を申請することができるから、とりあえず一年働いて転職するつもり」と。
 
さらに続けて、「もしこの先、北京で暮らしていきたいと思うなら、北京の戸籍がどうしても必要だよ。戸籍がないと車も家も買うことができない。子供を北京の公立の学校に入れることもできない。そのために何千万のお金を払う人だって沢山いるけど、みんなそれ程価値のあることだと思ってる」と。
 
北京大学を卒業した彼女でさえ、北京で生きていくのはこんなに大変なんだ...と、この話を聞いて実感しました。
 
元ランゲージパートナー
彼女は現在、両親と自分の夫、娘と北京で暮らしています。親の代から北京に住んでいるので、いわゆる老北京(ラオベイジン)です。
 
娘さんはちょうど一年半前に北京の幼稚園に入園したのですが、
その際入園希望の児童が多いと、戸籍の優れている順に入園ができる、とのことでした。
 
北京の公立幼稚園に入園希望を出せる時点で皆北京の戸籍保持者なはずなのに、戸籍が優れてるってどういうこと?と聞くと、
戸籍が“優れている”という、4つの条件を教えてくれました。
 
1. 児童が出生時から北京にいること。(途中で引っ越してきていない)
2. 戸籍の「戸主」が、児童の両親のいずれかであること。
3. 自宅の不動産の所有者が、児童の両親のいずれかであること。
4. (3を満たしていた場合)住宅ローンが残っているかどうか。
 
だそうです。2や3は、祖父母の代の可能性もあるらしく、そうすると優先度は下がるみたいです。
元ランゲージパートナーは、3がどうしても祖父母の名義から変更できなくて、その点不利になってしまうと言っていました。
 
と、長くなってしまいましたが、二人の話を聞いていて、
 
中国の人々の格差が埋まらないのには戸籍問題も大きく関係していると思ったし、
なによりも、北京や上海で生活するとなったら、常に何かを追い求めていないといけない。常に周りと比較して競争して。きっと疲れている人も多いだろうなと思いました。
 
みんなの行き来が自由になったら農村は過疎化してしまって、中国を支えている農業が衰退してしまう...けど今の戸籍制度のままだと、手に入る教育資源や社会保障があまりにも違いすぎる。難しい問題です...
 
そして、もう一つ。
上記のことは、ネットにも本にも載ってなくて、
北京で生活する人たちから聞かないと知らないままだった話。
 
情報が溢れている時代、ついつい第三者が発信した情報に惑わされがちだけど、
 
リアルな情報や感情は、やっぱり面と向かって話を聞かないとわからないし、
そういう機会をこれからも大切にしていこうと思いました。
 
〜おまけ〜
中国では一人カラオケボックスが流行っていますが、北京の空港にもありました!
搭乗まで時間のある方、ぜひ一曲歌って時間を潰してみてはいかがでしょう!笑
ちなみに私は勇気がなくてまだ挑戦できてないです( ・∇・)
 

f:id:beida_panda2016:20190305230051j:plain

おひとりさまカラオケボックス笑
 
 

パンダたち、北京のレジェンドに会う!!

 

大家好!
みなさま、本当にお久しぶりです!およそ1年ぶりに、北京のパンダたちです。

久しぶりの投稿は、りおが担当します。

 

なぜブログを久々に再開しようと思ったかというと...
パンダたち、なんと、北京のレジェンド(以下オレオさん)に会わせていただいたからです!!

 

 

きっかけは、他の中国関係メンバー大勢での飲み会に、私たちが都合が合わず参加できなかった際に、オレオさんが「パンダ3人娘に会いたかった〜。」とおっしゃってくれたことでした。
それを聞いた私が、「こんなありがたいチャンスはないぞ。」と、すぐに会合の日をセッティングさせていただいたわけです!

 

 

12月某日、池袋のとある本格中華料理にて、その会合は開催されました。

店内に飛び交う言語が中国語で活気があり、テーブルのボタンを押すより「 服务员!」や「你好!」と叫んだほうが店員さんが早く来るというThe Chinaな雰囲気に、テンションが上がります。

 

f:id:beida_panda2016:20181224105817j:plain

ずらりと並ぶ本場の味

 

レジェンド、オレオさんとビールで乾杯!


オレオさんは、かつて北京大学の本科生で、その尋常ではない顔の広さから(学生、社会人問わず、北京にいる日本人誰でもがオレオさんのことを知っている)日本人コミュニティ内で必要なつながりを作っていくというような方でした。

一言で言うと、「オレオさんと関わったら、何か必ず得るものがある。」という厚い信頼をお持ちの方です。

現在は某大手食品メーカーにて、マネジメントやインバウンド事業の推進をされています。 

 

f:id:beida_panda2016:20181224110208j:plain

 

そんなオレオさんとお話をしていて感じたことは、

 

 

「自分はそんなにすごくないから...」と遠慮している暇はない。自信を持って、そして現状に満足せずに、這い上がるんだ!ということ。

 

人脈や信頼は自分で作っていくもの。「自分の強みはこれだ。」「自分はこうなりたい。」というものがしっかりあれば、自分の作っていくべきつながりや人との関係が見えてくるということ。

 

 

北京でのオレオさんを知っているからこそ、オレオさんの話す一言一言に重みがあり、ずっしりと私たちの胸に響いてきました。

 

 

やっぱり、私たちは「中国で経験してきたこと」「留学後、留学経験を踏まえて頑張ってきたこと」を自信にしたいです。

オレオさんに比べたら...と考えてしまいそうですが、オレオさん曰く「ある学生が3やっていて、またある学生が100やっていても、社会人から見たらどちらも学生がやっていること。大切なのは、今まで何をしたか、ではなく、これから何をしたいかだ。」ということです。

そう言ってのけるオレオさんを尊敬します。まさに遠慮などせずに、突っ走っていくのみだなと気合が入りました。

 

 

パンダたちも4月から社会人。

この時期に北京のレジェンドに会えたことで、残りの大学生活をどう過ごそうか、どんな社会人になりたいかについて向き合える、貴重な時間となりました。

 

 

そして、このブログの場でも、引き続き留学後の私たちがしてきたことや、これからの抱負を発信していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!

 

f:id:beida_panda2016:20181224110004j:plain



 

 

番外編

帰り道に撮った1枚。
あきパンダのスタイルがミスジャパンンレベルで、永久保存確定です(笑)

 

f:id:beida_panda2016:20181224110404j:plain

 



 

 

北京留学帰国後はなにしてる?〜みゆき編〜

みなさまお久しぶりです。みゆきです。

北京のパンダたち、まだ覚えてくださっているでしょうか?

このブログは、2016年9月から2017年7月まで北京大学に留学していた私達の生活をお伝えするものでした。

3人の女子大生で書いており、3人共7月に本帰国をいたしました。現在は、日本の大学に復学しております。

 

この記事では、帰国後約半年が経ち、この半年自分が何をしていたのかを振り返るとともに、中国留学経験者が帰国後、どのような生活を送っているのかを少しでもお伝えできたらと思います。

 

久しぶりのブログで、自分の生活を文字起こしするのが、楽しみであるとともにちょっと緊張する!

それでは、色々なことがあったこの半年を1ヶ月ずつ振り返らせてください!

8月 新しいことにチャレンジし始めた

帰国後すぐの8月の出来事としては、主に2つあります。

1つは日中韓ホンネキャンプに参加したこと、もう1つはベンチャー企業でインターンを始めたことです。

8月の私は、中国から帰国後すぐで、思い出や中国への気持ちでアッツアツだったのを覚えています。笑

日中韓ホンネキャンプ

日中韓ホンネキャンプとは、早稲田大学のICCが主催している2泊3日のキャンプのことです。地理的にも歴史的にも、関係が深い日本、中国、韓国出身の早稲田生が2泊3日のキャンプを通して、「ホンネ」で自分の価値観や歴史観を語り合い、共有し、将来の日中韓を考えるのです。

内容としては、4〜5人のグループに分かれて、自分の恋愛や将来を話したり、日本、中国、韓国への正直な印象や疑問を話します。

f:id:beida_panda2016:20180103123238j:plain

私はやきそば班でした〜笑

私のグループは、韓国人1人、中国人1人、日本人2人で構成されていました。キャンプ後もごはんに行って、仲良くさせてもらってます!

f:id:beida_panda2016:20180103123426j:plain

こんなふうに、窓にポストイットで互いの国への疑問を書いていって、答えるなどの活動もありました。普段はなかなか話題に出しづらい領土問題や民族の問題も、このキャンプではホンネで話すことがルール。「難しい問題だよね」という言葉で解決せずに正直な思いを話す機会は、今までなかなかなくて、貴重な経験だったなと思います。

来年の8月にもきっとあるので、ぜひチェックしてみてください!

ベンチャー企業で長期インターンを始めた

先輩の紹介で、社員さんが2人の会社でインターンを始めました。主にサイトの記事を書く仕事をしているのですが、仕事の合間に社員さんから聞く起業の話や、人生相談がとても興味深くて、インターンを始めて本当によかったなと思っています。

私は北京に留学中にもベンチャー企業でインターンをしていました。その中で、中国のベンチャー企業の面白さに気づき、ベンチャー企業やスタートアップそのものに興味を持っていきました。実際に、中国と日本の両方の起業で実際に働いてみると、事業を展開していく中でのスタンスの違いに気づくだけでなく、新しいことにどんどんチャレンジしていける環境や、私のようなインターン生の提案も聞いてくれて実行できることもあるような環境はどちらも同じで、この環境を楽しみつつ学ばせていただいています。

9月 オーストラリアに旅行

9月は、長期インターンをしつつ、オーストラリアに留学をしている友達に会いに行きました。

f:id:beida_panda2016:20180103133815j:plain

綺麗な海でシュノーケリングやジェットスキーをして、とても楽しかった!

ずっと中国にいたため、英語をしゃべろうとしても中国語が出てきてしまうのがちょっと恥ずかしかった。笑

たぶん私の頭の中での外国語は「中国語」になっているんだと思う。笑

10月 パネルディスカッションなどを通して中国留学を伝える

f:id:beida_panda2016:20180103134627j:plain

早稲田大学の学生留学アドバイザーの企画で、留学生活を伝えるパネルディスカッションにパネラーとして参加しました。

私以外にも、スウェーデン留学経験者とアメリカ留学経験者の3人がパネラーとして、どのような留学生活を送っていたのか、どのようなことに悩み、どのように解決していったのか、を伝えていきました。

f:id:beida_panda2016:20180103134849j:plain

このパネルディスカッション以外にも、「トビタテ留学JAPAN」 と企業のコラボ企画で留学のプレゼンをさせていただいたりもしました。

このような機会をいただいて、自分の経験を話すことで、自分が何をやってきたのか、なんでその活動をしたのか、が改めて明確になって、自分自身にとってとても良い時間になりました。

実際に中国留学経験を、生の声として伝えることで、中国だけではなく留学に興味を持つきっかけ作りができれば本当に嬉しいです。今後も続けて行きたい!

11月 母校でトビタテ&留学経験のプレゼン

母校で、中学生と高校生に対して、トビタテ留学JAPANという奨学金と、自分自身の留学経験をプレゼンをしました。

私が在籍している頃の高校は、留学することが当たり前ではなく、当時から海外や留学へ興味を持っていた私は少し違和感を感じていたりもしました。

でも、今回プレゼンを行わせていただくことが決まり、当時の担任の先生方とお話をしていくと、学校自体私が卒業してから留学に対して前向きな姿勢になっていたり、当時の私の気持ちを察していてくれる先生の言葉を聞いて、感動してしまった!

私は高校1年生の時に、学校の制度を利用して10日間北京に一人旅をしました。当時この制度を利用する人は少なかったのですが、最近ではとても人気になっていて、倍率も高くなっているそうです。

先生から、この流れを作ってくれたのは君だよと言っていただけて、ちょっと誇らしい気持ちになるとともに、高校生の頃の私がちょっと懐かしくなって、会いたくなりました笑

12月 短期インターンに参加・ヨーロッパ旅行

12月は、企業の短期インターンに参加したり、ヨーロッパに旅行をしたりしていました。

短期インターン

実は短期インターンに参加したのは初めてだったのですが、ものすごく熱くて自分を持った学生と過ごす8日間で、改めて自分を見つめ直したり、将来について考え直す機会になりました。

内容もとても充実していて、最終日にはプレゼンがあったのですが、思いやこだわりをこめたプレゼンをチームのメンバーと考えていたため、感極まって泣いてしまいました!笑

このような経験の中で、自分の弱さや強さに気づいて、恥ずかしいこともあったけど、本当にこのインターンにいけてよかったと思っています。1番思ったのは、私はどこまでも負けず嫌いだということ。

あまり詳しいことはここで書けないので、ぜひ私に個人的に聞いてほしい!笑

とっても伝えたいことがたくさんあります!笑

ヨーロッパ旅行

ヨーロッパに留学している友達に会いに、アイルランド、ドイル、ベルギーに旅行をしました。

f:id:beida_panda2016:20180103143016j:plain

f:id:beida_panda2016:20180103143023j:plain

クリスマスマーケットに行ったり、

f:id:beida_panda2016:20180103143048j:plain

f:id:beida_panda2016:20180103143050j:plain

f:id:beida_panda2016:20180103143053j:plain

キレイな景色と、美味しい食べ物を楽しみました!

途中、スマホを失くしたり、予約したホステルのリビングにマネキンがあふれていたりなど、色々な事件があったのも良い思い出!

さいごに

半年を振り返ってみると、色々悩んで色々経験をして、同じ日本にいるのに留学前と後では全然違う時間を過ごしているな、と感じています。

現在就職活動中なのですが、自分が納得のいく決断ができるように頑張ります。

2018年の抱負は、

私の嫌いなところも好きなところも含めて愛すること

です。

自分の気持ちに素直になって、行動力を持って、また1年頑張ります。

こうやってブログを書いてみると、自分の振り返りにもなるしこれからも続けていきたい!

最近、ちょっと悩んだり行き詰まったりすると、過去の記事を見返しています。過去の自分に励まされるって、ちょっと恥ずかしいけど、ちょっと誇らしい!

ふううう2018年も、私らしく進んでいきます!

 

ながーい文章、最後までお読みいただきありがとうございました!

おまけ

現在、北京大学に留学している後輩たちもブログを書いています。

zhendema.hatenablog.com

留学生活や、中国での生活について、本当に詳しく書いてあります。

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

チャイナドレスを値切って買おうとしたけれど...

 

お久しぶりです!
今回は莉央が担当します。

 

6月は最後の期末テストに向けて勉強をつめていて、

そしてかなり切羽詰まっていて(いつもの如く笑)、

なかなか更新することができませんでした…

 

そんなテスト期間にまた再確認したことがありました。

北京大生のレベルの違いです笑

詳しくはまた記事の最後にご紹介したいと思います。笑

 

 

でもそんなテストも無事に終わり、これを以って北京大での授業はすべて終わりました!

単位も全て一定以上取得したので、ダブルディグリープログラムとしての目標、北京大学の学位の取得は達成しました!!

 みんなで頑張れてよかったです!!

 

さて、テストが終わって解放された私たちは、「秀水街」というショッピングモールに出かけました!

f:id:beida_panda2016:20170701150725j:plain

ここは“高級”なものが各種取り揃えられていて(高級ニセモノ市場とも言われる笑)、観光客で賑わうショッピングモールです!

そして値切り交渉をすることができるお店が多いというような感じのところです。

 

そして私たちの目的は…

チャイナドレス(中国語で「旗袍」)を買うこと!!

 

特別着て行く場所があるわけではないのですが、

やっぱり中国にいた者として、1着はマイチャイナドレスを持っておくべきであろうということで、買いに行きました笑

 

目標は600元くらいで売られているものを200元くらいで買う!

 

 

店内にはずらりとチャイナドレスが並び、どれを買うか迷ってしまいます。

チャイナドレスを着てみるのが楽しくて、みんなハイテンションです笑

写真なんか撮ったりして笑

 

f:id:beida_panda2016:20170701151147j:plain

 

 

でも私たち3人はいつからこんなに図々しくなったのでしょう...数多い中から一着を決めきれず、

もう次から次へと試着を繰り返しました…

 

f:id:beida_panda2016:20170701151355j:plain

 

しかしその行為が店員さんをイライラさせていたのです…

何着目かの試着で「これ着ていい?」と聞くと、

 

「それであなたたちは結局どれを買うの?」

とすごくいらいらした調子で怒られてしまいました笑

ここでこっちも「いや安いものではないからちゃんと考えて買いたい」と言うと、

自体はますます険悪モードに。笑

 

そしてようやくそれぞれが買いたいものを決め、さあ値切り交渉へ!

と思ったら店員さんはもうさっき以上にイライラした顔をしていて…

 

「あなたたちが試着する前に値段提示したじゃない。」

とさんざん試着したあとに値切り交渉を始める私たちにガン切れ笑笑

 

それでも私たちは本当にお金がないので、

「私たち学生だし…」や「そんな大金持ってきてない…」

と怒ってる店員さんに向かって交渉してみましたが…

 

結局400元前後で購入することになりました(涙)

本当はもっともっと下がるはずらしいですし目標の200元までにはいきませんでした…

 

いやあ失敗!!

 

 

そこで改めて学んだ、高価なものを値切るときの注意点は

  • 最初に店員を怒らせたら交渉はうまくできない!
  • 値切り交渉を始めるタイミングが大事!
  • 図々しく大量に試着するときは、礼儀正しく!笑

 

でした!

この失敗は必ず次に生かしたいと思います!!笑

 でも北京生活の最後にそれぞれ気にいたドレスが買えてよかったです!

 

 

⭐︎おまけ⭐︎

冒頭で書いた北京大生のすごさですが、、

なんとこのテスト期間中、眠気に負けないため、集中力を高めるために立って勉強し続ける強者たちをたびたび見かけたのです…笑

 

f:id:beida_panda2016:20170701153248j:plain

わかりますか??

 

彼らは立ってぶつぶつ声に出しながら暗記していたり、

理系だと思われる学生は立って複雑な計算をしたり図を見たりしていました。

 

改めて、ここは各都市、各地方のトップが集まるすごい大学だなあ〜と、すごい大学に留学できたなあ〜と感心しました。

 

そして私も彼らに影響され立って勉強してみると、

これが本当に勉強しやすくて!!

これからもこのスタイルを続けてみようと思います笑

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

                                                                                                  

↓ぜひぜひ、ポチッとお願いします!! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

南京で手話交流をした話

 

みなさんお久しぶりです!

今回はみゆきが担当します。

 

中間レポートの提出がすべて終わり、

北京大学での生活も残り1ヶ月、北京での生活も残り2ヶ月となりました。

 

留学したての頃は、中国語3,000字のレポートと言われ、

本当に泣きたくなっていましたが、

書くことにもだんだんと慣れてきて(質はわかりませんが笑)

最後のレポートを書き上げた時にはなんだか少し達成感がありました。

 

そんなレポートに追われる生活をしながら、

先週の週末にりおや他の学生と一緒に南京へ行ってきました!

 

f:id:beida_panda2016:20170528172733j:plain

 

 

南京に何をしに行ったのかというと、

南京にある聾唖学校(耳の不自由な学生のための学校)との

交流会に参加して来ました。

 

この交流会に参加するために私たちは3月から毎週1時間手話の練習をして来ました。

ここで驚きなのが、私たちは北京手話の先生をお呼びして習っていたのですが、

北京の手話と南京の手話は少し違うのです!

(もちろん日本と中国も違います)

 

3ヶ月の練習を通して、

簡単な会話と自己紹介、“朋友”と“阳光总在风雨后”という歌の練習をしました。

 

交流会の流れとしては、

生徒たちとの校内見学→ホールにて手話やダンスの演目

という流れでした。

私たち日本側は“朋友”(友達)という曲の手話、ソーラン節、“阳光总在风雨后”の手話を用意していきました。

南京の生徒たちは、二種類のダンスを見せてくれました。

3ヶ月の練習で簡単な会話はできるのかなと思ってはいたものの、

実際に生徒たちと手話で会話しようとすると思い出すのに時間がかかりました笑

でも覚えた手話で会話ができて伝わった瞬間はとっても嬉しかった!

手話は動作ではなく「言語」であり1つのコミュニケーションツールなのだと実感しました。

 

f:id:beida_panda2016:20170528175159j:plain

写真のように私たちは、

聾唖学校の生徒たちが視覚から感動できるものを披露したいと思い

ソーラン節を踊りました。

 

2泊3日で南京を訪れ、その中で一番感動というか心が動いた瞬間は、

この交流会の中での出来事です。

 

f:id:beida_panda2016:20170528175458j:plain

 

このように、聾唖学校の生徒が綺麗な衣装を着てダンスを披露してくれていました。

彼女たちに見とれていると、全員がある1点を見つめていることに気がつきました。

 

そこにはある1人の女性が立っていたのです。

 

f:id:beida_panda2016:20170528175741j:plain

 

この女性は踊っている彼女たちに向けてずっと手話をしていたのです。

そして踊っている彼女たちの後ろの方にも1人同じように手話をしている人がいました。

 

耳の聞こえない踊っている彼女たちにとっては、

ダンスをしていても音楽に合わせて踊ることがすごく難しいことです。

そのために、曲の歌詞の手話を前と後ろに立っている先生がすることによって、

彼女たちはその手話を見てダンスを踊っていたのです。

 

初めは全くこの事実に気がつきませんでしたが、

このことに気づいてからというもの

鳥肌が立ち、涙をこらえるのに必死でした。

 

涼しげな顔をして踊っている彼女たちが

ここまでの完成度を作り上げるのに、

想像できないほどの努力があったんだろうな。。。。

 

f:id:beida_panda2016:20170528180224j:plain

 

交流会の最後には、このように私たち留学生と聾唖学校の生徒みんなで

“阳光总在风雨后”という歌を手話付きで披露しました。

f:id:beida_panda2016:20170528181046j:plain

 

最後には私たちが作った千羽鶴を送り、

聾唖学校の生徒からはパンダが書かれた絵をいただきました。

 

f:id:beida_panda2016:20170528180701j:plain

 

この交流会でたくさんのものが得られて胸がいっぱいになりました。

本当に参加してよかった。

 

この交流会以外にも、

f:id:beida_panda2016:20170528181536j:plain

老人ホームへ行ってソーラン節と歌を披露しに行きました。

最初老人ホームに入った時にはなんだか歓迎されてないような気がしてしまいました。

南京事件があった南京に住んでいる老人の方だ、日本に対して悪い印象を持っているかもしれない、、、

とも思っていました。

でも、私たちがソーラン節や歌を披露すると

みるみる彼らが笑顔になっていくのです。

帰り際1人のおばあさんが

「来てくれてありがとう。感動した。また絶対にきて」

と言いながら私の手を強く握ってくれました。

あの時のおばあさんの手の感触は一生忘れられない気がします。

 

f:id:beida_panda2016:20170528181638j:plain

他にも南京大虐殺記念館へ行き、副館長とお話しをしたりなど

多くの貴重な体験をさせていただきました。

 

二泊三日でたくさんのことを感じ、感動しましたが、

この活動に意味を持たせるためには、

実際に参加した私たちがこの活動の「継続」のために今後も尽力し、

ここで感じた感情を「発信」していくことが大切なのではないかと思いました。

 

北京に来て8ヶ月が経とうとしています。

これまで振り返ってみると、本当にいろんな体験して、

いろんな感情を持って、たくさん心が動いた体験をしました。

南京の活動に参加したことで、

「継続」と「発信」の大切さに気づけたことがすごく大きかったと思います。

ここまでの活動や経験、体験を残り2ヶ月の留学生活、

そして帰国後も「継続」「発信」していこうと思います。

 

とっても長い文章最後までお読み頂きありがとうございました!

 

〜おまけ〜

f:id:beida_panda2016:20170528183328j:plain

 

この間地下鉄に乗っていたら

急に電気が消えて真っ暗になりました。

停電かな!?と思い日本人の私は1人であたふたしていました。

結局停電ではなくなぜ電気が消えたのかは全くわかりませんでした。

車内が真っ暗なまま電車も普通に動くし、

中国人の乗客の方々は何も動じておらずビックリしていました笑

さすが中国。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

青島旅行後半〜ビール博物館で思わぬ出会い・衝撃の朝ごはん〜

大家好久不见!

すーーーーごく久しぶりの更新になってしまいました、あきパンダです!

 

北京はもうすっかり真夏!今日の天気予報はこんな感じでした!↓

 f:id:beida_panda2016:20170520125012p:image

暑すぎて溶けてしまいます....

 

前回の記事で、「北京に来たばかりの時の暑さや風景に近づいてきて、ここを離れる日が近づいているようで寂しい」とりおも言っていましたが、

 

もう最近はカーディガンや長袖の服を着ることはなくなって、

来たばかりの時期に着ていた半袖のTシャツやワンピースをまたタンスから出して着るようになりました。切ないなあ。

 

中間レポートや発表でバタバタしているうちに、気づいたら帰国まであと約1ヶ月半。

しっかり勉強して、いろんなものを見て、最後まで駆け抜けたいと思います!

 

もう1ヶ月以上も前のことになってしまって記憶がおぼろげなのですが笑、以前投稿した青島旅行の後半を今日はアップしたいと思います。

 

3日目!

午前中ルームメートは用事があるとのことだったので、しばし個人行動。

青島で有名な観光スポット、青島ビール博物館に行くことに!

 

博物館に向かう道中で見つけたこちらがかなり衝撃でした

f:id:beida_panda2016:20170519184147j:plain

 ビニール袋でビール売ってるーーー!?さすがビールの名産地、いちいち缶やビンにいれてられないのでしょうか笑

 

博物館では、

f:id:beida_panda2016:20170519181907j:plain

ビールのできる工程をみたり

 

f:id:beida_panda2016:20170519181935j:plain

青島ビールの工場の歴史を学んだり

(これは日本統治時代の工場長たちらしいです)

 

f:id:beida_panda2016:20170519182104j:plain

世界各国のビールが壁一面飾られていたり!

 

小学校の社会科見学以来ビール博物館に来たので、1人ワクワク楽しんでいました( ´ ▽ ` )

 

そんな矢先、ある展示スペースに足を踏み入れると、なんだか見覚えのあるお顔が・・・

気のせいかと思い近づいてみるとまさかの!一緒に北京大で留学してるお友達ご本人でした!

 

こんな広い中国で、しかも博物館の小さい一室で、たまたま1人で行った場所で知り合いに会うなんてー!お互いすごくびっくりしました!

f:id:beida_panda2016:20170519182900j:plain

彼は北京大のフィールドトリップでクラスメートと青島に調査に来てたとのこと。

 

f:id:beida_panda2016:20170519182904j:plain

仲間に入れてもらって乾杯!ビールは入場券についてるチケットを渡すともらえます。

 

また北京でね〜とバイバイして、ルームメートと青島の教会を見に行きました。

f:id:beida_panda2016:20170519183230j:plain

f:id:beida_panda2016:20170519183254j:plain

 

その後は歩いて青島の観光名所「八大关」にも行きました!ここは以前諸国の領事館などがあった場所で、今では別荘街になっています。海が近く、夏は涼しい青島は別荘にうってつけらしいです!

f:id:beida_panda2016:20170519183538j:plain

f:id:beida_panda2016:20170519183600j:plain

↑この一帯にはこんな感じの西洋風の建築物が立ち並んでいます。

 

別荘街を抜けると海!

f:id:beida_panda2016:20170519183736j:plain

ちょうど夕暮れ時ですごくきれいでした!

夏は海水浴にくる人が大賑わいだとか。いつか夏も行ってみたいな〜

 

そして最終日!朝ごはんを食べて北京に戻ります。お母さんの朝ごはん食べるのもこれで最後か〜なんて思っていたら事件勃発。笑

 

朝ごはんでの一コマ。

ルームメート母「あき、今日あなたもう帰るんじゃない!青島の1番の名物をあなたに食べさせたいわ、新鮮なものが一番だから今下の市場で買ってくる!待ってなさい!」

わたし「はい!(なにかな、、、ちょっと嫌な予感、、、笑)」

ルームメート母「買って来たわよ!!!はい!!!これ飲んで!!!」

 

↓ ↓ ↓

f:id:beida_panda2016:20170519184934j:plain

ビニール袋ビールかーい(⌒▽⌒)

 

朝ごはんにビールを出されたのは生まれて初めてでした。しかもかなりの量。笑

本当に青島の人は朝から紅茶のようにビールを飲むんでしょうか?

朝からフラフラになってしまいました笑

味の方は確かに、麦の苦味が強くてできたてな感じ!

中国で食べた衝撃の朝ごはんTOP3に入ります笑

 

ビールを飲みきり、最後、お世話になったルームメートとそのお母さんにお礼を言って、北京に戻りました。

次回はいつか夏に青島に遊びにいこうと思います!

 

<おまけ1>

授業の合間を縫ってピクニックに行って来ました!韓国料理を食べて、フリスビーで遊んで....みんなと久しぶりにゆっくりできて楽しかったです!

f:id:beida_panda2016:20170519190236j:plain

f:id:beida_panda2016:20170519190311j:plain

 

<おまけ2>

オンライン決済が進んでいる中国。先日こんなものを見かけました。

f:id:beida_panda2016:20170519191008j:image 

このガチャガチャ、小銭を入れるところがない!ケータイでQRコードをスキャンして支払いをするらしいです。自動販売機も最近は現金を入れる場所がないものも多いです。コンビニでも大学内でもどこでもオンライン決済ができるので、私自身財布をあんまり持ち歩かなくなりました。日本でもいつかこういう風になるのかなあ...

 

↓ランキング参加してます、ぜひクリックお願いします! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

爱国关天下!国際関係学院の仲間とのバスケ🏀

 

こんにちは!北京のパンダたちです🐼

今回は莉央が担当します!

 

北京はもう夏のように日差しが強く、暑くて、私は最近ほぼ毎日アイスクリームを食べている気がします笑(だめだ太る…)

 

少し前まで花がきれいだなあと思って見ていたのに、もう今は緑がいっぱいの夏の景色です!

なんだか北京に来たばかりのときの暑さや風景に近づいている気がして、北京を離れる日も近づいているんだなあと思うと、寂しいです(涙)

 

 

さて、こんなに暑い日々の中、現在北京大では「北大杯」という学院(学部のこと)対抗の運動部の大会が行われています!

私も国际关系学院(国際関係学院)のバスケ部に所属しているので、毎日練習に励んでいます!

今はほぼ毎日バスケ部の子たちと過ごしているので、今回は国际关系学院(

略して国关)のバスケ部での様子について書きたいと思います🏀

 

f:id:beida_panda2016:20170423161917p:plain

↑右の黒いユニフォームが我らが国关

 

中国人とバスケをするのは、私にとってすごく面白いことや新鮮なことがたくさんあります。

まず中国人には、嬉しいや面白い、悔しいという感情を素直に表に出すという習慣がある(授業中も先生が面白いことを言ったらみんな大声で笑うし、映画館でも良いシーンでは歓声が上がります笑)のですが、

バスケをしているときも同じです!

 

例えばシュートを決めると、「よっしゃあ!」というような声と同時に両手でガッツポーズをしている子をよく見ます。笑

また、空を見上げてしばらく余韻に浸っている子も見ます。笑

 

f:id:beida_panda2016:20170423162159p:plain

 

また他のチームメイトが良いプレーをすると、「ぉわ〜〜〜!!」というような歓声や「很帅啊~〜!(かっこいい〜〜!)」という感嘆の声が巻き起こります。笑

 

またミスが起こると、ミスした本人もそして周りの人も、日本語の「あ!」のような「哎哟!(アイヨ!)」という声を一斉に出します。

 

いやいやみんなで言わなくても笑!と最初はつっこんでいましたが、気が付いたら彼女たちと一緒に「ぉわ〜〜!」や「哎哟!」と叫んでいる自分がいます。笑

 

 

もちろん漢字の国中国では、バスケ用語も漢字バージョンがあります!

日本でもバスケを漢字で書くと「籠球」ですが、中国ではその他の細かいプレーも全て独自の言葉があります!

 

よく使う言葉でいくと、

ドリブルは「運球」、パスをもらうは「接球」、パスをするは「伝球」。

漢字でだいたいその意味が想像できて面白いですよね!

 

そしてレイアップは「上籠」。アップなので上という漢字が使われています!

 

では「投籠」はなんという意味か分かりますか??

 

答えは「シュート」です!!当てられましたか??笑

 

入ったばかりのときはこのバスケ用語に慣れず、コーチの指示も理解できませんし、チームメイトにも伝えたいことが伝えられませんでしたが、

今はだいぶ慣れて、ガードのポジションを任されたときは、日本人の私が図々しく中国語で指示しています。笑

 

f:id:beida_panda2016:20170423162254j:plain

 

そしてそして、ユニフォームもなんだか中国っぽい!

前には大きく「爱国关天下」という字が書かれています。

 

f:id:beida_panda2016:20170423173522j:plain

直訳すると「国关の天下を愛する」ですね!私もこの言葉が好きです笑

 

ユニフォームの背中に印刷する名前も、「吃不胖(食べても太らない)」(理由を聞いたらこれが目標らしいです笑)や、

150㎝以下のくらいの小さい子が「两米大长腿(2メートルの長い足)」など、日本ではあまり見かけない独特な感じがして面白いです。笑

 

 

国关のバスケ部はみんな真面目で練習量も多いのですが、試合になるとなかなか勝てません、、

でも私は明るい彼女たちが大好きで、他のどのチームよりも仲が良いこのチームに誇りを持っています!

 

最近チームメイトの子に、「リーヤン(莉央の中国名)、最近このチームと息があったプレーができるようになってきたよね!」と言われ、すごく嬉しかったです!

途中から入った外国人の私が、どうやってこのチームがやってきたプレーや、やりたいプレーを守りつつ、自分もチームのために自分のできるプレーをガツガツやるか...

これが課題だった私にとってすごく嬉しい一言でした。

 

だからこそこのチームで試合に勝ちたいです!

残り少ない期間もっともっと「爱国关天下」の気持ちでこのチームで頑張ります!

 

 

 

⭐︎おまけ⭐︎

先日北京語言大学で行われたマレーシアフェスティバルに行ってみました!

f:id:beida_panda2016:20170423173309j:plain

 

北京にはマレーシアの留学生たくさんいます!

一緒に早稲田から来ている台湾出身の友達も、お父さんがマレーシア人です!暑い中スタッフとして働いていました。

 

f:id:beida_panda2016:20170423162451j:plain

 

北京で知り合ったマレーシア人の友達もステージで伝統的な彼らの歌を歌っていました。

 

f:id:beida_panda2016:20170423162546p:plain

 

ゲームコーナーや屋台も出ていて、マレーシア料理すごく美味しかったです!やっぱりアジアの食べ物大好きだ、、

 

f:id:beida_panda2016:20170423163038j:plain

 

f:id:beida_panda2016:20170423163101j:plain

 

北京に来てからアジアを中心にいろんな国の友達ができたし、こうして新たな文化に触れられてすごく面白いです!

同じ日に違う場所でタイフェスティバルも開催されていました。

みゆきとあきさんが参加していたから、そのことも今度紹介してくれるかも!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

↓ぜひ、ポチッとお願いします!! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村