読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北京のパンダたち

北京で留学する3人のパンダたちが、日々見て感じた中国をお伝えします!🐼🇨🇳

北京の凄まじい交通状況




こんにちは!


北京のパンダたちです。


本ブログの2回目の投稿を担当します、

莉央です。



私が北京に留学しに来た理由は2つあります。



まず、


以前北京に旅行に来たときに


人と物と音と香辛料の匂いがごちゃごちゃと混ざってるこの街が面白い!住んでみたい!


と思ったから、



そして、


遠い昔から良くも悪くも影響し合っている、この隣国のことを深く知りたい。


と思ったからです。



生まれてからずっと日本で育った者の視点から、中国の姿を伝えていければと思います。




今回は

北京の凄まじい交通状況 

について、紹介したいと思います!



まず北京に着いて誰もが発する言葉は恐らく、


「え、車おおっ!」


だと思います。



車線の数も多く、車の量も日本の帰省ピーク時並みに多いです。


そしてみんなクラクションをばんばん鳴らしているという、実に凄まじい光景です。





そして道を歩いてみて誰もが発する言葉は恐らく、


「え、今信号赤じゃん!」


だと思います。



凄まじさは歩行者も負けていません!


信号の色が何であろうと、クラクションを鳴らされようと

行けるところまで車道に出て行くのが

北京の歩行者スタイルです。



そしてそんな状況を、さらに混乱させている乗り物こそ


"电动车"


すなわち、原付バイクのようなものです。


f:id:beida_panda2016:20160918011317j:plain



この乗り物は

歩道でも車道でも大学内でもどこでも走ります。

実に自由な乗り物です。


しかし、

エンジン音が全くしないのです!


つまり後ろから近づいて来ていても

歩行者はなかなか気づくことができません。


私自身既に何度もぶつかりそうになりました。


だから衝突事故防止のためにも、この乗り物も歩行者に向け

クラクションをばんばん鳴らしています。笑



でも、北京の道路の象徴のようにも思える

この自由な“电动车”に

やはり乗ってみたくなるものです。


そこで私も乗ってます、“电动车”!



やっぱり怖いです笑

信号を「守って 」進んでも、

あの混乱した交通状況の中、人や自転車にぶつかりそうになるときがあります。



それでも集中していれば危険は避けられるし、

何と言ってもやっぱり快適です!

北京の広い道を走るのも、大学の中を自由に走るのも、友達を乗せて走るのも

気持ちいいです。



安全運転を心がけながら

負けずにばんばんクラクションを鳴らしながら


“电动车”に乗って


北京の凄まじい交通状況を味わっていきたいと思います。




最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



引き続き他のメンバーが更新し次第

またぜひ読んでみてください!